呼吸を意識しよう!

Pocket

■落ち着く秘訣は、一番身近な「○○」

 皆さんが、毎日必ずやっていること、何がありますか?
 誰もが毎日、生きている以上絶対欠かすことができないこととは、何でしょう?
 それは、「呼吸」です。
 体重が50kgの人の場合、1日の呼吸は、20000回~30000回にもなります!
 この、誰もが必ずし、しかも非常にたくさんする「呼吸」に、あがり症克服の秘訣がありました!
 毎日、20000回~3000回もしている呼吸。
 では、あなたはそのうち、何回を意識していますか?
 毎日、この瞬間にも無意識にしている呼吸。
 これを味方にすることで、あがり症克服へ大きく近づけます。
 とはいえ、難しいことではありません。
 1日に、1回。
 できれば、朝起きた時と、夜寝る時に、鼻からゆっくりと息を吸い、吐く。
 これを、5呼吸分、意識をするだけです。
 もちろん、一日のどのタイミングでも構いません。
 大切なのは、呼吸を意識する癖をつけること。
 そして、呼吸を意識しようと思った時に、意識ができるようにすることです。
 ちなみに、ある人は、お手洗いに行った時に意識をしていたそうです。
 日常の中で、「このときには、こうする」と決めておくことは、新しい習慣を身に付けるコツでもありますね。
 次に、少し緊張が高まる瞬間に、呼吸を意識する練習をしていきます。
 と、いっても、結婚式のスピーチをする機会は頻繁にはありませんので、日常の中で少し緊張する瞬間を持ちましょう。
 では、どうすれば緊張する瞬間を持てるのか?
 答えは、皆さんそれぞれの生活の中で、必ず行うことの、難易度を少し上げることです。
 例えば、いつも右手で閉めている家の鍵を、左手で閉める。
 ゴミ箱にティッシュを捨てる時、少し遠くから投げてみる…
 なんでもいいです。
 そして、それをするときに、ゆっくりと鼻から息をし、吐くことを意識します。
 これは、一週間に5回ぐらいできれば十分です。
 ちなみに、緊張しやすい、あがりやすい人は、「ちゃんとしないと」という想いが強すぎる傾向がある、とも言われます。
 この「呼吸」と、その練習も、「ちゃんとしないと」と思わず、思いついた時にするとよいでしょう。