リスクを事前に減らす

Pocket

■ リスクヘッジが大切

どんなに準備をしても、トラブルは発生します。
 そして、往々にして、トラブルは人生の最も大切な瞬間に、最も悲惨な形で発生します。
 大切なプレゼンで、パソコンが動かなくなった。結婚式のスピーチで、マイクがハウリングした。原稿をメモした紙を入れたはずの上着のポケットに、飲み屋の領収書が入っていた。
 そんな経験をした人は、実は世の中に多くいます。
 本当にどうしようもないトラブルは、本当にどうしようもないのであきらめましょう。
 でも、それ以外については、想像力をもって備えておくことが大切です。
 そして実は、「私、あがり症なんです」という人程、備えを怠っていることが多いのです。
 準備をするときは、自分でコントロールできることに集中しましょう。
 衣装(当日の服装)は、きつすぎませんか?
 自分を良く見せようとしてワンサイズ小さい服を選んだり、高いヒールの靴を履いたり、ネクタイを締めすぎたりするのは、できるだけ避けたほうがよいでしょう。
 前日はリラックスして過ごせましたか?
 もし、自分の「舞台」の日が決まっているなら、前日はリラックスして臨むことがベストです。ここでのリラックスとは、気持ちの問題はもちろん、ノンカフェインで過ごす。食べ過ぎない。スケジュールに(できれば)余裕を持つ。などが当たります。
 できれば、会場を下見し、話す相手にあいさつをし、握手のひとつでもしておきたいところです。いざ、舞台に立ったとき、周りがよく知らない、自分の敵かもしれない人たちの集まりであるのと、自分がよく知っている、心を許した友人である場合、あがる危険性は大きく変わってきます。もちろん、初手対面の人といきなり親友になるのは難しいでしょうが、それでも友好的な人を一人でも多くする努力をすることは必要です。
 会場には余裕をもって入りましょう。交通機関は、本番の朝、必ず遅れると思いましょう。
 そして最後に、あがり症を克服するために最も大切なことは、自分がうまくやろうとしないことです。自分のためにやること。それこそが、最大のリスクです。
 相手のために、自分ができることは何か?
 心からそう思って臨んだとき、あなたのあがり症は克服され、待っているのは称賛の拍手でしょう。

You Might Also Like